Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_custom_css_cb' not found or invalid function name in /home/users/2/boo.jp-kaerudash/web/wp-includes/plugin.php on line 524

一足先に日本に行こう!!

ケロンケロン

 

 

オラー!!

 

僕らはアルゼンチンから、物価の安いパラグアイにやってきました。

 

移動費がウソみたいに安くなりました。

 

 

移動費が安いと、観光もしやすくなりますしね。

 

ってことで、パラグアイとブラジルの国境には世界最大級のダムがあるそうです。

 

実は僕、工業高校出身でしかも電気科で電線を切ってはそれを繋ぐという授業を毎日受けていました。

電気工事士の資格とか10個くらいの資格を高校で取りました。

 

今では何を取ったのかほとんど思い出せませんが(涙)

 

 

 

なので発電には、ちとウルサいところもあります。

世界一のダムの巨大メガ発電所

 

これは行くしかないでしょ!!

ってことで、またナカジーが着いて来たので、一緒に連れて行ってあげました。

 

_DSC1564

 

バスを2回乗り継いで、ブラジルとの国境にあるイタイプーダムへやってきました。

 

このダムはブラジルとパラグアイの共同開発で作られたダムです。

 

 

_DSC1581

 

入場料、バス移動費、ガイド料が全て無料です。

 

このバスは僕らと他に4人のグループ計7人の為に出してくれた、ツアーバスです。

 

このバスに乗ってダムをガイドしてくれます・・・・スペイン語で・・・

 

途中バスで下ろしてもらったのが、ここ

 

_DSC1579

 

広過ぎてカメラに収まりませんでした。

 

それもそのはず、このダムは幅が8kmもあるんです。

 

中央に見えるのが発電を行っている場所です。

高さが196mもあります。

 

 

_DSC1580

 

手前に見えたのがダムの水量をコントロールするヤツです。

 

水が増え過ぎたらここから放水するそうですが、この放水は年に数回しか行わないそうです。

 

そして、この放水がとにかく大迫力でスゴいらしいです。

 

mvc00255

これはネットにあった画像ですが、水しぶきで煙みたいになるそうです。

 

 

見たかったな〜

 

_DSC1587

発電された電気はここに運ばれパラグアイ全土とブラジルに送られます。

 

ちなみにパラグアイではここで発電された電気で国の全ての電力をまかなう事が出来ています。

しかも、電気があまってるのでブラジルに電気を売っているそうです。

 

そしてここの発電量は日本の原子力発電所10基に相当するそうです!!

 

自然パワーすげー!!!

 

 

 

 

_DSC1583

 

これがタービンまで繋がってる1つの管です。

 

巨大です。こんなの見たことない・・・

 

ダムに貯められた水をこの管の中を通します。

大量の水で押されている水圧と落差196mもの高さ、その水に掛かる重力を利用して、タービンっていう自転車のライトでいうタイヤの部分を回して発電しているのです。

 

この説明でわかりますかね。

タービンを回せば発電が出来るわけです。

 

水力発電の場合は水が落ちる力を利用してタービンを回しているし、

日本で1番メジャーな火力発電は水を蒸発さえて、その水蒸気の力でタービンを回している

原子力発電は、ウランを核分離させた時に発生する熱を利用して・・・あとは火力発電と一緒です。

 

 

それぞれメリット、デメリットはあります。

 

水の力を利用した水力発電は、燃料を使わないのでエコに見えますが、ダムを建設するため周辺の環境を壊します。

現にここでは、ダムの建設で住む場所を失った動物達が保護されています。

 

この動物もタダで見学出来るのですが・・・

 

帰ってから気付きました。

 

あ・・・動物園行き忘れた!!って

 

 

まぁ発電するには色々大変なんです。

 

 

バスのツアーですが、さっきの一カ所だけバスから降りて、気付いたら終わってました。

 

20分くらいでバスで走って終わりでした。

 

 

あんなに頑張って来たのに!!!

もう終わり!?

 

すると・・・

なんと!!ナカジーは無料でヘリに乗せてもらいました。

 

_DSC1570

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC1566

良かったねナカジー

 

 

そこからバスを乗り継いで、長距離バスターミナルに戻り『キロメトロクワレンタ・イ・ウノ』って言う場所に行きます。

日本語に訳すと、『41km地点』です。

 

めっちゃざっくりですが、バスの運転手に41km地点で下ろしてって言うとちゃんとそこで下ろしてくれます。

 

 

_DSC1618

高速道路の中で下ろしてくれます。

 

_DSC1677

僕は知らなかったんですが、ナカジーが教えてくれたのがペンション園田という日本人宿

 

でもここ今までの日本人宿とはちょっと違ったんです。

 

 

 

ここパラグアイには『日本人居住区』という場所があるのです。

日本政府がパラグアイに土地を購入し安く日本人に土地を売ってくれる場所みたいです。

戦後は開拓地を求めて日本人の多くが南米に移住しました。

 

ブラジルにも日本人街ありましたもんね。

 

で、ブラジル側が『え!ちょっ!日本人来過ぎ!!どんなけブラジル好っきゃねん!!』

 

となってしまい、日本人の移住に制限がかかります。

 

そこでパラグアイが移住の受け入れを始めたのでした。

パラグアイが日本人の移住を受け入れたのは悲しい理由がありました。

 

その頃のパラグアイは戦争で多くの男性が亡くなったそうです。(9割とも言われています。)

 

移民してきた日本人はジャングルだった土地を開拓し、日本の農業の技術を現地の人に教えたそうです。

 

元々肉文化で、野菜を食べる習慣がなかった南米に野菜を広めたのが日本人だと言われてるそうです。

 

スゴいぜ日本

 

そのパラグアイに来た移民の多くが暮らしてるのが、ここ『イグアス移住地区』というわけです。

 

・・・多分

9割は合ってると思います。

食堂にいたおばちゃんが教えてくれました。

 

 

 

ペンション園田には3匹の番犬がいます。

 

_DSC1614

コイツがマロン

めちゃ静かです。

 

_DSC1626

コイツが小鉄

何をしても怒りません。

 

_DSC1624

 

 

 

そして一番の問題児がボールをかじってるナナ

_DSC1627

 

 

 

_DSC1591

 

僕のズボンをビーフジャーキーと間違えてめっちゃ噛んできます。

 

 

_DSC1594

 

相方はナナに腕を食いちぎられていました。

 

でも保険に入ってるので大丈夫です。

 

 

 

 

ところで、僕の足が臭いのには定評があります。

 

でも僕は臭いと思っていません。

 

その決定的な写真がこちらです。

 

_DSC1596

 

僕の1日風呂に入ってない足をナナが美味しそうに、かじり付いてました。

 

 

 

アイスランドに一緒に行ったマサヤさんに僕の足の臭いを嗅いでもらった事があったんですが。

 

a_DSC76091

このリアクションはウソだったという事が、証明されて良かったです。

 

 

 

 

ほっと胸を撫で下ろした瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

読み終わりましたら下のラクダのバナーをクリックするとポイントが入る仕組みになっています。

ポイントが入るとランキングが上がり僕のテンションも比例して上がります。

パソコンからクリックするとポイントが入るみたいです。

 

クリック!クリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

押しちゃえ♪押しちゃえ♪

現3位です!!

カエルダッシュ

fecebookページやってます!!

イイネを押すと新しい記事をアップしたと同時にFacebookのフィードに連絡が届くシステムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

相方はダム見学でずっと寝てました。

2014-11-22 | Posted in パラグアイ2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 あいか | 2014.11.22 13:26

つばさくん。だいぶ前にもコメントさせてもらった者ですが、出身が同じなのでなぜか勝手に親近感です。w 電気系の高校ってまさか高工??!….そんな訳ないですよね(°_°)あたしたちも今旅中なのでどこかで会ったらよろしくお願いします*\(^o^)/*

 tsubasaizumi | 2014.11.22 20:47

あいかさん

お久しぶり!!

僕は伊勢崎出身なので、前工まで通ってました。

会えたらいいですね!!
近くだったら連絡くださいね!

Comment





Comment