Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_custom_css_cb' not found or invalid function name in /home/users/2/boo.jp-kaerudash/web/wp-includes/plugin.php on line 524

台北脱出!!そして3926計画始動!!

ゲロゲーロ

ニーハオ!

台北の天気について調べたらですね。
今の時期は、ほぼ天気悪いみたいです。

そうと決まれば晴れを求めて南に移動します。
何となく台北にいたので次は台南という街に行きます。
もちろん南という漢字が付いてたからという理由だけです。

着いてから知ったのですが、この台南という街は日本でいう京都の様な古き良き建築物やオランダ領土時代と日本領土時代の物が今も残っていて、いろいろチャンプルーされてるみたいです。

とりあえずバスで台南に向かいます。th_aaaaa

 

台湾はだいたい九州と同じくらいのサイズです。
台北からはバスで4時間で台南に着きます。

まず台南に着いてから問題発生!

やばい!今日の宿全然調べてない!!
とりあえずフリーWIFIを探します。

が、

全然見当たりません。

以前も言いましたが僕はフル装備の荷物を持って移動出来るのは1日600mまでです。
相方は大きい荷物がコロコロ付きリュックなので楽々です。

限界が近づき、とりあえずおしゃれカフェでコーヒーを飲む事にしました。
落ち着くと現状が見えてきます。

完全に迷子です。

 

しかし、奇跡的にこのカフェがフリーWIFIを飛ばしていました。
色々調べていると『はむ家』というゲストハウスが評判が良いようです。

そこに行くには、台南駅から歩いて15分程だそうです。
まず、台南駅がわかりません。

こんな時は携帯アプリGoogle Mapsの登場です!
このアプリGPSが付いているので電波が無くても方角がわかります。
しかも、1度開いたページは記憶してくれているので事前に行く予定の場所を拡大と縮小で開いておくと大変便利です。つまり事前に準備しとけば知らない土地でも道に迷う事はありません。

ただ今回は完全に忘れてました。

なので、WIFIを見つけたからには無敵です。

おっと!

近くに台湾人の若い女の子が座っています。

場所は既に完璧に分かっているのですが念の為駅までの道を聞きます。

台湾は中国語つまり漢字が通じるので紙に『我願行台南駅』と書いて見せます。
相方の冷たい視線を背中に感じながら

すると

は?

みたいな顔でこちらを見てきました。
ヤバい!完全にキレてる!あれ?台湾人は親日というのは噂だったのか?

向こうも筆談で反撃してきます。
We together?

と書いてきました。

何やらジェスチャーで何かを伝えてきます。

近いから一緒に行きましょうか?
という意味でしょう。

え?

いやいやいや、お前ら今コーヒー頼んで椅子に座ったところやん!!
普通、駅まで近いからって初対面のわけ分からん外国人に道案内する?
いい人過ぎるだろ台湾人!!

しかも実はこっち完全に道知ってるし!
心が痛い〜〜〜〜

でも方向は間違って無かった様です。

べたべたですが、お礼に日本から持って来た折り紙で鶴を折ってあげました。

すると、想像してた1.3倍も喜んでくれました。

なんかこっちが仕掛けた事ですが喜んでもらえると逆にこっちがうれしくなりますよね。

記念に写真を取りました。

th__DSC0003

 

僕らにはこの写真が台湾に来て暫定1位です。
他の人にとっては、海外旅行で撮ったよく見る写真の一コマに過ぎませんが僕達にとっては、この写真になるまでのバックグラウンドがありこの写真が完成されていて、この写真が台湾の思い出になります。

ちょっと待って下さい!

これってめちゃくちゃ素敵じゃないですか?
しかも、簡単に喜んでもらえる。

そこで、僕達は決めました。

世界中できっとこれからいろんな人にお世話になります。
そのお礼として鶴をを渡すという『3926』(サンキューつる)計画を立てました。

100個の鶴を渡すと若干大きめの鶴が現れて願いを1つ叶えてくれる事を信じて頑張ります。

これで、世界中の女の子と写真を自然に撮る口実が出来ました。

そこから台湾女子とは別れてゲストハウスを目指します。
少しわかりずらいところにありますがホームページの地図を見ながらたどり着きました。

th__DSC0200

はむ家は台湾人の奥さんと日本人の旦那さんで経営しているゲストハウスです。
日本語を聞けるだけでも安心しますし、旦那さんは台南の美味しいお店や夜一の場所、朝市の場所、パワースポットの場所を地図に書き込んで丁寧に教えてくれました。

 

宿が決まって一安心したので小籠包です。
とりあえず、小籠包の美味しい店がすぐ近くにあるそうなので行ってみました。
旦那さんが言うには僕が台北で食べたディンタイファンの小籠包を食べたそうですが美味しいと思わなかった様です。
しかし、今から行くお店は地元の人たちも認めるほどの美味しさらしいです。しかも安い

おいおいそんなにハードル上げて大丈夫か?
僕のあの感動を超えるのは簡単じゃありません。

と思っていると着きました。

th__DSC0198

 

『上海華都小吃』という目立つ看板です。

正直結果から言うと後悔しか残りません。

これを食べたら他の中華が食べられなくなるからです。
久しぶりに食で衝撃を受けました。

まず小籠包を食べました。
th__DSC0008

 

口の中で何が起きているのか!これは事件です!
衝撃です。IKKOがスッピンでTVに出てた時くらいの衝撃を受けました。

小籠包の他に麻婆豆腐も頼みました。
th__DSC0011
一口食べて2人で唖然でした。
一瞬で野原が広がり小鳥が肩でさえずりを奏でています。

この麻婆豆腐は正直、小籠包以上の衝撃でした。

衝撃を受けっぱなしでした。
立っているのがやっとです。

揚げ春巻きも食べました。
親に生んでくれてありがとうと思いました。

値段もビールを付けて1000円位です。
毎日3食、ここの料理を食べたいです。

うま過ぎる!!!

 

ここから2時間はフヌケ状態が続きます。
この中華は麻薬です。やめられなくなる。

また明日必ず行くと誓い店を出ました。

次に向かったのは台南のナイトマーケット、夜一です。

th__DSC0020

地元の人から観光客も混ざって大賑わいでした。
色々な屋台がありth__DSC0022

th__DSC0032

th__DSC0042

th__DSC0082

歩いているだけで楽しいです。

その中にエビすくいがありました。
弱そうな糸に針が結んでありそれをエビの尻尾に刺して釣り上げます。
釣り上げたら横に焼くスペースが出来ていてセルフで焼いて食べます。

僕達も挑戦しました。

th__DSC0048これが結構難しくて引っ掛けた瞬間エビが暴れてすぐ糸が切れてしまいます。
僕達は2回やりましたが収穫ゼロでした。

でも参加賞で2匹、串に刺した状態でおばちゃんがくれました。

th__DSC0053早速焼きます。th__DSC0058僕達の向かいで焼いていた女の子2人は20匹以上釣ってたみたいで休みなしでエビを食べてました。

隣で焼いてたおばちゃんがなぜか僕達のエビに塩をかけてくれたりひっくり返してくれたりエビ奉行をやってくれました。

こうなったらあとは食べるだけです。
頭を取ると意外と小さくなってしまいました。
味はエビでした。

 

台南何かいい感じがビンビンしてます。

 

 

現在32位!!!
この勢いはどこまで続くのか!

ここを↓クリックをしてくれると僕のテンションがあがる仕組みになっています。

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

今日も一日頑張りましょう!!!
僕は台湾でブラブラします。

 

 

 

 

2014-01-11 | Posted in 台湾No Comments » 

関連記事

Comment





Comment