Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_custom_css_cb' not found or invalid function name in /home/users/2/boo.jp-kaerudash/web/wp-includes/plugin.php on line 524

全力でダッシュして物乞いをする少女

ゲコゲコ

 

 

アッサローム アライクム!!

 

 

 

 

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

 

そして、僕と会った事ないのにコメントまでくれる方もいます。

 

スーパーウキウキして返事を返してます。

 

旅先で会った人も連絡をたまにして、いまどこにいるか連絡したりします。

 

 

最近思ったのですが・・・

 

海外に出ると日本人の知り合いが増える!!

海外にいる日本人は数%なのに・・・

 

ここ半年で日本中に知り合いが出来ました。

 

不思議ですね。

 

 

さて今日は、ヒヴァからサマルカンドという町に移動します。

 

 

サマルカンドって聞き覚えある人は多いと思います。

 

てか僕は面倒なのでザナルカンドって言ってました。

 

そう!ここはファイナルファンタジー10で登場した廃墟の大都市ザナルカンド遺跡の元ネタになったとウワサの場所です。

 

 

ちょっと調べてみたら、似ているのは名前だけではありません!

 

実はウズベキスタンのサマルカンドは、かつて世界有数の大都市だったけれど、モンゴル帝国の侵攻を受けて廃墟になってしまったそうです。

 

 

設定までピッタリです。

 

さっそく行ってみましょう!!

 

ヒヴァからサマルカンドまでは寝台列車が便利なので、乗ってみました。

a_DSC1208

 

 

 

a_DSC1207

今までの国の中で1番綺麗(涙)

 

 

ゴミも落ちていません。

 

 

そして気になる寝台の席は・・・a_DSC1215

いつ撮っても、手を降ってくるおっさん。

 

清潔綺麗です!!

 

a_DSC1210

シーツとタオルまであります。

 

 

a_DSC1582

ウズベキスタン寝台列車ではトイレに行ったら自分の席に6人のインド人が座っていて何か問題でも??見たいな顔をされる事はありません。

 

a_DSC1225

ゆったりの2段シートでした。

 

 

a_DSC15901

なので、こんな事にはなりません。

 

快適です。

 

列車に揺られる事14時間

 

目的地のサマルカンドに着きました。

 

 

そこからタクシーでバハディール(Bahodir)ゲストハウスに行きました。

 

朝の6時なのに、快く入れてもらいました。

中庭の席に座ると、すぐにチャイとビスケットとメロンが出てきました。

 

(あの〜まだチェックインもしてないんですけど・・・)

 

そしてお茶を飲んでたら朝食が出てきました。

a_DSC1237

部屋を確認して汚いから他のゲストハウスに行くよって言えない状況になってしまいました(涙)

 

 

でも部屋は社交ダンスが出来る程広くて綺麗でした。

 

ドレッサーまでありました。

 

ここは欧米人に人気らしく、自転車で旅をしているチャリダーの人がたくさんいました。

 

そして何よりここの中庭がスゴい雰囲気が良くて、2人でジブリみたい!ってはしゃいでました。

 

a_DSC1377

 

a_DSC1385

 

a_DSC1382

魔女宅のキキの実家みたいでした。

 

WiFiは遅いですが、居心地はかなり良いです。

ダブルで25ドル  ドミ12ドル

冷蔵庫、ホットシャワー、情報ノートあり

 

 

そして、さっそく観光!!

 

サマルカンドはとりあえずレギスタン広場が有名です。

 

てか世界遺産です。

 

 

ゲストハウスから歩いて5分ぐらいの場所にあります。

 

中に入ろうとすると・・・

 

警備員)おい!!こっちに来い!!

 

なんだ??

 

a_DSC1360

チケットが必要だったみたいです。

 

僕)いくらですか?

 

警備員)1人1万2000スム(500円位)

 

僕)高っっ!!!まけてよ〜〜

 

警備員)高い??もうすぐ閉まるから1人1万でいいよ!

 

う〜〜ん

 

 

実はここ・・・・

 

入場券を買わなくても

a_DSC1364

メインの90%が丸見えです。

 

下のポールから奥へはチケットを買った者のみが入れる聖域です。

 

裏口から入る方法があるのですが、警備員がいて入れませんでした。

 

 

正直相方は、モスクに飽きていたので僕だけお金を払って中に入りました。

 

a_DSC1349

中に入ると建物を正面から見れます。

イランのモスクの方がタイルが1つ1つ細かいので見ていて面白いですが、サマルカンドのモスクはとにかくスケールがデカいです。

 

下にいるアリみたいのが人です。

 

更に中に入るとライトアップされていて結構綺麗です。

a_DSC1344

 

a_DSC1341

これはイランで何度も見ていますが、いつみても口が空いてしまいます。

 

めっちゃ綺麗やん!!

 

 

a_DSC1338

コイツは3ドルで後ろのドアに入れてやるよって言ってきます。

後ろのドアに入ると、一般人は入れない場所に行けるのです!!

入ってないのでわかりませんが。。

 

そうやって副業をしているみたいです。

 

僕は3ドルあったらメロンを2つ買った方が絶対お得だと思うので断りました。

 

 

 

観光が終わったら近くの道をブラブラします。

 

a_DSC1307

 

こんな観光客が来なそうな場所を歩くのが好きです。

 

夕方っていうのもあって歩いていると子供が大量生産してました。

 

 

a_DSC1279

 

ずっと鼻をほじってる子や

 

a_DSC1277

 

ほじったら食べるのはお約束です。

 

 

a_DSC1285

 

トイレに行きたいのに写真にも写りたいという葛藤と戦う少年

 

 

a_DSC1270

オサレガール

 

a_DSC1288

 

撮って撮ってと言うので撮ったら

 

a_DSC1292

 

影からもう1人現れ

 

a_DSC1293

 

また1人

 

a_DSC1296

 

はい!みんな来ちゃえ来ちゃえ!!

 

a_DSC1298

 

集合写真になりました。

 

a_DSC1265

 

子供会議に参加させてもらったり

 

 

a_DSC1273

 

大きい氷をナイフで削り地道にかき氷にする少年

 

a_DSC1263

子供??っていう程、大人っぽい子もいました。

 

 

で、僕が1番印象に残っているのがこの子

a_DSC1257

 

疲れて座っている時に、この子が隣にいたんですが実はこの子かなりやり手の物乞いです。

 

ちなみに後ろにいるのはお母さん(指令塔)

 

 

僕のしてた時計が気に入ったみたいで一緒に遊んでいると・・・

 

お母さんが

 

おかあさん)あいつだ!いけーー!(多分そう言ってる)

 

って言うと

 

女の子が指で十字架を作ります。(これは標的を定める役割があります)

 

 

a_DSC1239

 

ダッシュで自分の定めたターゲットに向かって走っていきます。

 

a_DSC1251

笑顔でお金を請求します。

 

でお金ゲット!!

a_DSC1249

100点の笑顔でぶんどったお金を持って戻ってきます。

 

しかもウズベキスタン人の心が広いのかこの子がスゴいのか分かりませんが、めちゃくちゃ稼いでました。

 

3人に1人はお金あげてました。

 

聞いた話しでは物乞いって結構稼ぐらしいです。

 

 

僕の物乞いのイメージはボロボロの服を着て、悲しい表情で近寄ってくるっていうものですがこの子は違いました。

 

この子もこの子のお母さんも綺麗な格好してるし、高そうなバッグ持ってました。

 

 

お母さんの目利きがスゴいのか??

 

a_DSC1258

よく働く良い子でした。

 

 

 

 

 

最後に・・・・

 

 

a_DSC1302

 

こいつオシャブリしてるのに、なんでこんなカッコいいの!?

 

 

 

いつもありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

読み終わりましたら下のラクダのバナーをクリックするとポイントが入る仕組みになっています。

ポイントが入るとランキングが上がり僕のテンションも比例して上がります。

パソコンからクリックするとポイントが入るみたいです。

 

クリック!クリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

押しちゃえ♪押しちゃえ♪

現在まさかの3位です!!

みなさんのおかげです!

カエルダッシュ

fecebookページやってます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小エンマ様??

2014-07-24 | Posted in ウズベキスタン2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 ルソイ | 2014.07.24 15:01

バハディール私もドミに泊まりましたが
一人使用でした。

チョルボヤ(涼み台)がまったり楽しいですよね!
レギスタンス広場の中は土産物屋さんなので、買い物に行くと言う口実にて入場した人も
いました。あ、ルソイではありません(-_-;)

 tsubasaizumi | 2014.07.24 16:06

ルソイさん
あのゲストハウス雰囲気が良いですよね。

あれチャルボヤって言うんですね!!
ゆっくり出来て好きです!

なるほど!お土産を!!
そんな作戦もあるんですね・・・もっと早く知りたかったです(涙)

Comment





Comment